ようこそ、ホテルマルセイユへ

ご挨拶

1854年、ペリー提督率いる7隻の軍艦「黒船」の来航により下田は歴史のターニングポイントとなりました。以来、重要な寄港地として観光地として栄えて参りました。ヨーロッパにおいて古来より寄港地・商業貿易港として繁栄した、南フランスのマルセイユに想いを重ね、このホテルの名前としました

下田のエントランスとして皆様を温かくお迎えするホテルを目指しております。伊豆急下田駅にもっとも近い立地は観光のキーステーションとして安全・快適・便利の機能を持っているものと思います。インテリアはイタリア直輸入の家具を配置してお寛ぎいただけますようスタッフのホスピタリティと共に心掛けております。

ご宿泊が皆様の素敵な旅の思い出の一端となれば幸いです。